切迫早産入院中。32週2日、点滴を抜くのにトライ。

30週0日から入院して2週間が過ぎ、点滴を抜いて様子を見てみよう、と言うことになりました。

病院によっては正産期に入るまで点滴を続けるみたいですが、私が入院している病院では、切迫早産の診断後、しばらく点滴をして子宮を休ませて、その間に問題が無ければ一旦点滴を外すみたいです。

ただ、点滴を外して頻繁に張ったり、出血があるなど陣痛に繋がりそうな症状が出たら、再度点滴を付けることになります。

朝9時に点滴を外し、午後1時からモニターで赤ちゃんの心拍とお腹の張りをチェック。

モニターの間、お腹が頻繁に張ってました。。。
でも内診したら、子宮口が開いたり頸管が短くなっている訳ではないので、もう少し様子を見ようということになりました。

その後、横になりながらお腹をさすって張らないように念じていると(笑)張りは落ち着いてきました。

それでも点滴を付けていた時よりは頻繁に貼ります。
このまま陣痛が来てしまったらどうしよう、と不安を感じていると、夕ごはんの後にまた張り始めました。

しばらくしても収まる様子がないため、ナースコール。
状況を伝えると、すぐ内診してくれました。
子宮口も頸管も変わりはないとの事。
その後再度モニターで張り具合を確認すると、やっぱり張っている。。。

でも、痛みも出血もないので、明日まで様子をみましょうということになりました。

点滴はもうしたくないけど、産まれちゃったら困る。。。
お腹の子にもうちょっと頑張ってねと念じながらか眠りにつきます。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA