第二子出産体験記【沖縄県立中部病院】③手術後から退院まで

手術の翌日、一人で歩けるようになれば、
尿管を外して、自分でトイレや入浴が可能になります。
また、赤ちゃんの授乳時間や、泣いたら呼ばれて新生児室に行かないといけなくなります。

痛み止めがあるとはいえ、
手術後数日はベットから起き上がるのに痛みを感じますが
赤ちゃんのために頑張るしかありません。

3時間おきに授乳となるため、
まとまった睡眠がきちんと取れませんが、
体力的に辛いときは助産師さんに言えば
授乳をせずミルクをあげて休ませてくれます。

私は一人目の出産後、母乳の出が悪く、母乳の量を増やすのに苦労したので、なるべく授乳するようにしていました。

沖縄県立中部病院では、産後赤ちゃんがNICU
に入っていなければ日中、10時から22時までは母子同室になります。

帝王切開の場合、手術の翌日、もしくはそれ以降から母子同室の部屋に移動になりますが、部屋の空き状況によります。
母子同室の場合、部屋で面会できるのは配偶者のみとなります。

母子同室の間は、新生児室に行く手間が省けますがずっと自分で面倒を見ないといけないので、中には赤ちゃんを新生児室に預けっぱなしの人もいるみたいです。

手術から2日目以降は、
助産師から新生児の世話に関することや、
家族計画についてのレクチャーが1時間ずつあります。
初産の人は沐浴の指導もあります。

こういったレクチャーや、検査、授乳、の切迫早産で入院していた時の暇さが嘘のように慌ただしく時間が過ぎていきました。

帝王切開の人は手術から5日目から退院可能で、最大7日目まで入院できます。
本人の希望と術後の状態で決まるみたいです。
私は上の子が心配だったし、病院での生活に飽きていてなるべく早く退院したかったので、5日目で退院しました。

私のように初産出ない人は5日目で退院する人もいるみたいですが、7日目までいる人が多そうでした。

退院時に驚いたのが、、、

出産費用が安い❗

さすが、公立!!

なんと、出産費用だけだと30万以下に収まりました。

出産手当金の42万円との差額は
保険組合に申請するともらえることになります。

前の個人病院の時も、42万以内に収まって差額をもらうことができましたが
それでも40万円は超えていたと思います。

約12万円、貰えるというのは切迫早産で入院費がかかったので、大変ありがたい!

サービスは個人病院のように良くないものの、
これだけ安いとしょうがないな、という気になりました。