子連れ海外旅行!長時間のフライトの際に抑えておきたいポイント★

海外旅行に行きたいけど、子連れだと不安。。。という方は多いのではないでしょうか。私はこれまでにゼロ歳児一人、ゼロ歳児+2歳児の二人を連れてのヨーロッパ往復を経験しました。その時に気づいた長時間のフライトの際の抑えておきたいポイントをご紹介します。

まずは、<予約の際のポイント!!>

①子どもがすんなり寝てくれる、夕方〜夜のフライトがオススメ

ある程度生活リズムのついてきた子どもであれば、夜になると自然に寝てくれますよね。飛行時間や現地の到着時間にもよりますが、搭乗して、機内食を食べて、歯磨きをしてすんなり寝てくれるように、夕方〜夜発のフライトがお勧めです。
朝初の欧州行きのフライトに乗った時、2歳の娘は14時間ずっと起きっぱなしで、機内で大騒ぎした後、着陸の時に力尽きて寝るなんてことがありました。。。

②バルクヘッド席(前が壁になっていてバシネットが取り付けられる)を取るべし!

前が壁になっている、バルクヘッド席が子連れにはお勧めです。10キロ以下の赤ちゃんがいる場合、バシネットを装着してもらい、横にして寝かせる事ができるので、飛行中ずっと抱っこする必要がありません。
また、2〜3歳児連れでも、バルクヘッド席であれば座席の前が広くなっているため、遊ぶスペースが確保できます。子どもはよく前の座席をキックしたがりますが、そんな心配をする必要もなくなります。
ちなみに、バシネットを予約する際は航空会社に直接電話する方が確実です。

③赤ちゃん連れの場合、赤ちゃんが5ヶ月〜8ヶ月の時がお勧め!

産後、赤ちゃんを連れて海外旅行に行きたいけど、赤ちゃんにとってどのくらいの月齢が適しているのか、悩む方は多いのではないでしょうか。
私のお勧めの月齢は、5ヶ月〜8ヶ月の間。予防接種をひと通り受け終わっていて、動きが活発になる前。
予防接種が一通り終わっていれば感染症についても少し安心。ハイハイやつかまり立ちが始まると動きたい赤ちゃんを抱っこして移動するのは結構大変。なので発達にもよりますが、予防接種をBCGまで終えて、ハイハイが始まる前くらいがいいと思います。また、寝返りする前だとホテルでベットに置いても落ちる心配がないので楽です。(突然寝返ることもあるので注意が必要です)

<搭乗する時のポイント!!>

①搭乗前にキッズスペースで思い切り遊ばせる
空港にはキッズスペースがあるところが多いです。早めにチェックイン、セキュリティを通り、キッズスペースでたっぷり遊ばせましょう。

②水は多めに持ち込む
赤ちゃんのミルクや、子どもへの飲み物として水を結構消費します。航空会社によっては、水をあまり持ち込んでいない場合もあります。私達は夫婦でも水をよく飲みます。ポーランド航空に登場した際、水をよく飲みに行っていたら(飛行機の後方にドリンクやスナックが置いてあり、自由に取れるようになっている)、「あなた達がたくさん水を飲むからもうこれだけしか水がないわ」とCAさんに怪訝な顔で言われ、見ると2リットルのペットボトル1本程度しか残っていませんでした。
それ以来、2リットル程度の水を搭乗前に購入し持ち込むようにしています。

③飛行機でもらえるオムツ、離乳食は当てにしないで十分な量を持ち込む

JALの成田-フランクフルトの便に乗った際、オムツと離乳食は準備があるということだったのですが、実際に貰えたのはオムツ2枚のセットと、瓶詰めの離乳食2瓶。14時間のフライトでオムツ2枚では足りないし、瓶に入った離乳食は冷たくてそのままはあげられませんでした。
航空会社を当てにせず、必要な分は自分で準備することをお勧めします。

④(離)着陸の際は子どもの飲料をすぐ飲めるように準備する

大人でも飛行機に乗ると気圧の関係で耳が痛くなる事がありますが、子どもも同じ。そのせいでグズるのを避けるために、(離)着陸の際は飲み物を準備しておきましょう。
私は離陸の時も、着陸の時も両方準備していましたが、ルフトハンザ航空のCAさんによると、耳が痛くなるのは着陸の時らしいので、離陸の時は気にしないでいいと言ってました。また、あまり飲ませすぎるとその後のおしっこが心配になってしまうので、ほどほどがいいと思います。

⑤新しいおもちゃを買っておく
子どもがぐずったときの為に、新しいおもちゃを買っておきましょう。目新しいおもちゃを見て泣き止むこともあります。
ぐずらなくても、退屈凌ぎに持っていって損はありません。

子連れでの海外旅行は心配事も多いですが、これを参考に少しでも不安を解消して頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA