一人目は混合だった私が二人目はほぼ完母になるためにやった事

私は一人目を出産する前、母乳育児を頑張るぞと情報収集していました。

しかし出産後、乳腺の開通までに時間がかかり、退院するまでに1〜2本くらいしか乳腺が開通しておらず、ほぼミルクに頼っている状態。

退院後もいろいろ努力しましたが、結局母乳とミルク半々くらいの混合に落ち着きました。

そんな私ですが、二人目はほぼ完母で育てています。寝かしつけは夫がしていて、ミルクがある方が寝てくれるので、寝る前にだけミルクを上げています。助産師さんからは、ミルク要らないんじゃない?と言われるくらい、母乳で足りています。

そんな私が、ほぼ完母にするために努力したことはこちら。

①出産直後から乳頭を刺激するマッサージを自分で行う

一人目の出産の時、母乳が出なくて悩んでいた私が助産師に言われた言葉がこちら。

「赤ちゃんに母乳を出させようと頼ってちゃダメよ!お母さんも努力しなきゃ!!母乳が出るまで、授乳・睡眠中以外はマッサージするくらいやらないと!!」

この言葉を思い出し、帝王切開で出産してまだ動けないときから乳頭を刺激するマッサージを始め、母乳量がある程度安定するまで行っていました。

「乳頭マッサージ」で検索するといろいろ出てきますが、私は指4本で乳輪の外側をつまむようにマッサージしていました。

②頻回授乳

入院中は母子同室じゃなかったのでできませんでしたが、家に帰ってからは泣いたら取りあえず授乳してました。

何回授乳したか、きちんと数えていませんが3ヶ月くらいは10回以上はしていたと思います。

おっぱいをあげていれば大人しかったし、携帯見ながらの授乳は楽ちんだったので、ぐずったらおっぱい、でした。

③搾乳する

友人が搾乳して母乳量を増やし完母になったの聞いたので、帝王切開後、動けるようになってからすぐ搾乳を始めました。

授乳後、残った母乳を絞り出すようなイメージです。入院中は1日数回、寝れないときに搾乳していました。家に帰ってからは頻回授乳をしていたので1日1回とか、そんなもんです。
子どもが1ヶ月になる頃までやりました。

④水分をたくさん摂取する

一人目を産んだ病院でよく水分を取りなさいと言われていたので、最初の1ヶ月は、意識的に水分を大量に摂取していました。授乳の前か後にコップ2杯を飲むようにしていました。

⑤3食+間食、体型を戻すことは忘れる

一人目の時、桶谷式の母乳マッサージをしている助産師さんからのアドバイス。昼食と晩ごはんの間にサンドイッチ、おにぎりなど炭水化物の間食を取りなさいとの事。昼食と晩ごはんの間じゃなくてもいいみたいです。

毎日間食をしていた訳ではないですが、可能な時は残ったごはんを温めてふりかけをかけて食べたりしていました。

また、3食食べる時も自分の食欲に素直に、かなりの量を食べていました。(現在進行中)

⑥母乳が湧いてくるのを感じたらすぐ授乳する

これも桶谷式のマッサージをしている助産師さんに言われたんですが、右のおっぱいから授乳していて左のおっぱいから母乳が湧いてくると感じたら、一旦右からの授乳を止めて左のおっぱいを吸わせなさいとのことでした。

理由はよくわかりません(笑)

あと、赤ちゃんが欲してなくても、母乳が湧いてくると感じたら、吸わせてました。

上記①〜⑥を確実にやりつつ、可能な限り体を冷やさない、気が向いたときにおっぱい(乳房の基底部)マッサージ、をしていました。

1ヶ月くらい頑張ったら、母乳育児が軌道に乗ってきたように感じたので、マッサージや搾乳はやめました。

母乳育児が一番楽だなーと思ったのは、夜中に赤ちゃんがおきた時にミルクを作らないでもいいこと!

おっぱい出して授乳したら自然にコロンと寝てくれるので楽ですねー。一人目のときは授乳して、足りないから大泣きされ、ミルク作っている間は放置しないといけないから更に大泣き。。。なのでミルク飲んでも興奮してすぐには寝てくれず。。。と悪循環だったような。。。

この記事が母乳育児で悩んでいる方の役に立ちますように!

涙が出そうなくらい嬉しかった、娘からの「ママ大好き」

赤ちゃん返り真っ只中の、二歳半の娘。

もうすぐ4ヶ月になる弟にママを取られて不満そうな時や、

寝かしつけで2人だけの時などに

「ママ、○○のこと大好き!ぎゅっぎゅっー!!」

と言って抱きしめています。

そうすると娘は、満足そうに無言でニヤニヤしています。

それが今日、下の子の授乳中に突然娘が

「ママ、大好き!」

と言ってきたのです。

不意打ち過ぎて、ビックリしたものの、

「そうやって言ってくれるとママうれしー!

ママも〇〇のこと、大好きー」

と言うと、娘はいつものようにニヤニヤしていました。

そして、寝かしつけで娘の体に手を回しているときも

娘の方から

「ママ、大好きー!」

と言ってくれました。

なんだか、恋人同士のよう。

主人からこんな甘い言葉はかけてもらえません(笑)

ちょっぴりドキドキしてしまいました(*ノω・*)テヘ

そして、2年半育ててきたいろいろな思い出が蘇ってきました。

赤ちゃんの時に私が抱っこしても泣き止まないのに

他の人が抱っこすると泣き止んで

母親として認識されてるか不安になったこと。

言う事を聞いてくれなくてイライラして怒鳴ってしまったこと。

ママ、大好きって言っていいんだよ?と

冗談で言ったら照れて無視されたこと。

初めての子育てで悩んだり不安もあったけど

今日、「ママ大好き」って言われて

私も「ママも〇〇のこと大好きー」と言って抱きしめて

この子のために頑張ろう。

この子がいてくれて良かった。

無償の愛ってこういう事なのかな。

この子は私の宝物。

なんて思ったのでした。

イヤイヤ期&赤ちゃん返りで大変なこともあるけど

今日の事を思い出したら乗り越えられる。

娘は、もっと私の愛を確かめたくてそう言ったはずなので

ちゃんと向き合ってあげよう。

これから大きくなってティーンエイジャーになって、

ババァうぜぇ、とか言われても

今日の事を思い出したら、きっと頑張れる。

その位、嬉しい出来事でした♥

2歳児の娘、激しく赤ちゃん返り

出産して退院後、赤ちゃんを連れて自宅に戻ったら
楽しみにしていた事の1つが、娘の反応。

病院は15歳以下の子どもは周産期センターに入れなかったので自宅で初対面。

妊娠中はお腹に赤ちゃんがいて、弟だよー!
と繰り返し伝えており、
娘も私のお腹を指さして、

「〇〇(娘の名前)のおとうと!!」

と、言うことも頻繁にあり
「弟」の意味がわかっているかは謎でしたが
赤ちゃんが産まれるという状況は理解してくれているように見えました。

そして退院して自宅に戻り、
娘が保育園から帰って赤ちゃんだよー、と伝えると
娘は動じることなく冷静に?
お気に入りのクマさんのぬいぐるみを見せて、

「見て、くまさん!!」

と赤ちゃんに伝えたのでした。

思ったよりリアクションが薄かったので
その場にいた私と主人と私の母親はなんだ、こんなもんかと思ったり。

しかしその後、娘の様子がだんだんおかしくなっていきました。

自分の家にいる、大人達の注目の的である謎の存在。

初めて見る、授乳の様子。

謎の物体、哺乳瓶。
(本人も哺乳瓶でミルクを飲んでいたけど忘れていた)

私に抱っこをせがんで、ちょっと待ってと言うと大泣きしたと思えば

私が娘を抱っこしようとすると、ママいやーーーー!!!!と大泣きしたり。

「ごはんはママの膝の上で食べる!」

「赤ちゃん置いといて!〇〇(娘の名前)のママ!!」

ちょっとした事で大泣きし、暴れ、手がつけられない程に。

しばらくこの状態が続いたのでした。

娘が苦しんでいるのを見るのは私も辛かったです。

このままではまずいと思いネットでいろいろ調べたところ

上の子にとって、母親が赤ちゃんを連れて帰ってくるのは

旦那が若い女を連れて帰ってきて
これから一緒に住むから。と言っているようなものだとか。

そりゃ、ジェラシー剥き出しにするのもわかる!

なので、上の子が母親にとって一番大事な存在であると感じてもらえるように

★とにかく上の子を優先すること!
★赤ちゃん返りを許容してあげること。

といろんな記事に描いてありました。

なので、それを可能な限り実践。

下の子が泣いていても、上の子がママ抱っこと言えばそれに従う。

誰かに下の子を見てもらえる時は、

上の子を連れて散歩に行ったり。

今まで夫と歩いて保育園に行っていたのに

ママがいい!!ということだったので、私が送っていきました。しかも抱っこで。

また、おしゃぶりや哺乳便を使いたいと言ったので

本人が使っていた古いものを渡して

思う存分使ってもらいました。

そうすると、すこーしづつ。
本当に少しずつですが、一週間程度で癇癪や、暴れるのは落ち着きました。

まだまだ甘えるのは継続中。

いつまで続くのか、心配ではありますが

きっと今は、人生の子育てフェーズの中で、

一番大変な時なんだろうなーと。

何年かして、

あの時の2人育児は本当に大変だった!

って思い出してしみじみする時が来るんだろうなーと。

子ども達が親から離れて行ったら

あの時は二人でママを取り合ってたのにねー

なんて懐かしむ時が来るんだろうなー。

そう思うと、今のこの大変な時期も愛おしく感じます。

2人のかーちゃん、頑張るぞぉ!

帝王切開の手術一週間前に2歳の娘がインフルエンザに!

予定帝王切開の手術日まで、残り6日というところで、娘がインフルエンザのA型にかかってしまいました。

保育園ではインフルエンザの感染者が数名出ていたらしい。

保育園から熱があるから迎えに来てと連絡があった時は、37.8度の熱。家に帰ってきて再度検温すると37.3度。

その後、夜中に熱が38度を超えたので翌朝病院を受診。お医者さんに診てもらうときは元気で、喉が腫れているだけで、風邪の症状に見えるけど念のため。。。と調べてもらうとインフルエンザA型との判定。

タミフルを処方されました。

病院から言われたのが、

「熱が下がってから5日間は登園しないで下さい。」

とのこと。

来週から出産で入院するのに保育園に預けられない。。。

そもそも、私に感染ったら手術どうなっちゃうの。。。

と頭の中をいろんな不安が過ぎります。

とりあえず保育園に電話して報告すると、保育園の規則では熱が下がってから3日経てば登園してもいいという事になっているとのこと。

その後、産婦人科に連絡すると、インフルエンザの予防薬を処方するので来てください、と言われました。インフルエンザにかかったら手術はできません。と言われました。

インフルエンザの予防薬があるなんて!!
通っている産婦人科は遠くて行くのが大変だったので、近所の空いてる内科で「リレンザ」という吸引する薬を処方してもらいました。
妊婦にも問題なく飲める薬ということです。
家族で感染者が出たら処方してもらえるらしい。
インターネットでは、予防薬は保険の適用にならないとありましたが、保険適用になってました。

とりあえずそれを飲みながら様子を見る事に。

幸い、娘の症状は軽くて、咳と鼻水の症状はあるものの熱はすぐ下がり2日後には元気いっぱいに。

私としては、出産直前は家の片付けをして赤ちゃんを迎え入れる準備をするつもりだったけど、娘の相手をしないといけず最低限の事しかできず。

そして驚いたのは、娘の赤ちゃん返り?がとてもすごい!!体調が悪いからなのか、もうすぐ弟が生まれるというのを感じ取っているのかわからないけど、ごはんも途中から食べさせてと甘えたり、頻繁に抱っこをねだってきたり、突然機嫌が悪くなって気を引くような事をしたり。

娘がインフルエンザに罹ったのは、赤ちゃんが生まれる前にママにたくさん甘えたかったから?最後の執念?と思ってしまう程でした。

まあ、最低限の準備はできたし、娘と最後の時間を過ごせたし、これで思い残すことなく?出産に臨むことができると前向きに考えたいと思います!

娘の叫び「赤ちゃんいらない」

切迫早産から退院して2週間程過ぎた頃。

30週での検診で切迫早産の診断で急遽入院

切迫早産、33週4日で退院。

仕事に行かなくていいので、穏やかに過ごしていました。

仕事をしていた時は2歳でイヤイヤ期真っ只中の娘にイライラする事も良くありましたが
退院後は、仕事に行かなくていいので私の気持ちに余裕があったのと
心なしか娘のイヤイヤが落ち着いていたので
私としては娘もママと過ごせて精神的に満たされていると思っていました。

ところが。

ちょうど正期産に入る頃、寝かし付けをしていて
そろそろ寝るなと思っていた頃に
何故か癇癪を起こす娘。

「いらない!いらない!」

を繰り返し叫ぶのですが
何がいらないのか、何で突然癇癪を起こすのかさっぱりわからず。

眠いけど眠れなくてイライラしているのかなと思っていたのですが

「どうしたの?何がいらないの?」

と繰り返し聞くと

「赤ちゃんいらない!!」

と言ったのです。

突然の「赤ちゃんいらない」発言に、なんだか私の方が涙が出てきてしまいました。

真相はわかりませんが、
娘はきっと
私のお腹が大きくなっていって
入院して家にいなかったり
これまで私がしていた
保育園のお迎えやお風呂に一緒に入るのを
主人にお願いしたりしていたので
漠然とした不安を抱えていて
それでも、子どもながらに気を使って、いい子でいたのかもしれません。

それに気づけず、
退院して帰ってきたらいい子になっていた!
と単純に考えていた私の不甲斐なさ。。。

切迫早産で入院している間に娘のポーランド語が上達!?

翌日からは、残り少ない娘と二人きりの時間を大切にするようにしました。
また、やり過ぎかというくらい、スキンシップをするようにしています。
寝る時には
「ママ、〇〇のこと大好きー!!」と言ってぎゅっーと抱きしめたり。

すると娘は
「ママは、〇〇(娘の名前)のママ??」
と確認するように聞いてくるようになりました。

そうだよ、
「〇〇のママだよー❗」
と言うと、嬉しそうに
「〇〇のママー♥」
と言ってくれます。

ママが赤ちゃんのものになってしまう、不安があったのかもしれません。

「赤ちゃんいらない」発言はその時の一回きりです。

本人はもしかしたら、そんなに深く考えずに発言していたのかもしれませんが
残り数週間の娘との時間を大切にしよう、
赤ちゃんが産まれても、娘の気持ちを優先して生活できるように可能な限りやってみよう、
改めてそう思わせてくれる出来事になりました。